人気ブログランキング |

カテゴリ:アラキ工務店( 44 )

e0360512_17380907.jpg
 今の工事建物の大戸です。普段は中の小さな扉で出入りします。大きな荷物の出し入れや何かの行事の際に格子全体を大きく開きます。ここの場合は丁番で横に開きますが、間口いっぱいの場合は上に吊り上げたりします。
 さて、これを掃除して色を塗り替えて仕上げます。長年の傷や穴や歪み、風雨で木目が荒れている等ナカナカ手間がかかりそうだ。


by 8828668 | 2016-11-10 18:32 | アラキ工務店 | Comments(0)

e0360512_14254463.jpg

 招喜庵に久しぶりに来ています。簡単な工事、スピーカーを増設しています。マダマダ時間がかかるので、あちらこちらと点検しつつ見て廻っています。イベントに貸し出しをしておられるのですが、きれいにお使いです。ここの襖は江戸時代の襖で古いのですよ、破れていたのを修繕しました。この写真は床脇の天袋の襖、これも同様古くて少々色がくすんでいるので、よく見ないと何が書いてあるか分かりません。エーーート、花鳥が書いてあります。

 スピーカーの取り付けも終りそうです、調子をみてこれで終了です。横では重森三玲さんのお孫さんの三明さんがお客の案内と解説をしておられます。予約制で、一度に10~15人ぐらいが定員なので、ひどく静かです。また、この家のなかも静かなものです。シンと音がしてそうな雰囲気です。

 サアサア引き上げよう門から外に出ると、アア、やかましいな~~。[E:sad]

 

by 8828668 | 2008-06-30 13:42 | アラキ工務店 | Comments(0)

e0360512_14254459.jpg

 今年もまたまた先斗町の床の組立ての時期が来ました。
お客さんが入る日は決まっているので、約1週間前までには組まないとなりません。土木局に申請し、人数を予定し、天気予報を睨みながら、また他の工事の進捗を考えながら工事の日を決定します。 が、お天気になりそうな日は他の仕事が忙しい。手が抜けそうなときは、うむむ、雨が心配だが、エイ、雨は少ないと期待してこの日に決める。

 朝から曇りだがまずまずの天候です。皆元気に出発した。ヨシヨシ昼までは順調。お昼の12時過ぎから雨がざっと降るがすぐやむ。これなら昼からも大丈夫か。

 2時前にいきなり降り出す、しかもかなりきつい。これは皆一時避難して雨待ちにしているかな。

 サア現地に着いた。家の人に挨拶をして組立てを見に行くと、皆よく濡れている。アア、逃げる暇がなかったか。もうこうなってはこのままするしかないと皆思っているな。

 御苦労様でした。この梅雨の時期はホントに天気の予想が難しいのよ。雨だと思って仕事を延期すれば晴れるし、晴れるとふんでも雨になる。  みんな、辛抱してね。[E:sad]

by 8828668 | 2008-06-24 08:32 | アラキ工務店 | Comments(0)

e0360512_14254410.jpg

 昨日夜テレビを見ていて、リモコンで次々チャンネルを変えていて、ふと12チャンネル(NHK教育)の映像を見たとき、あれ、たしか昔自分が造った建物だと、一目見て判りました。鳥居寮(中途失明者訓練施設 鉄筋コンクリート地下1階地上3階立て)の建物でした。

 勿論、建物の話ではなく、入居者の訓練の話や自立の難しさを描いた番組です。それでも建物の外観や内部が映っていくので、アアまだこの戸がはまっているな~、ここの階段は大変だったんだよとか、地下の食堂の非常扉これギリギリにつけたのよ、などなど約25年ほど前のことが思い出されて懐かしく見入っていました。番組もしっかりと見ましたよ。

 あの後、同様の施設を洛西にも4階建てで、最上階は体育館まである建物も造りました。
あの頃一緒にやった型枠大工や鉄筋工のオッチャンたちは、今頬はもうリタイヤしてのんびりしているかナ。[E:smile]





by 8828668 | 2008-06-09 22:00 | アラキ工務店 | Comments(0)

e0360512_14254315.jpg

 今日は、T邸の撮影日。お客さんのTさん、お住まいになる息子さん御夫婦に作事組の事務局と私。ディレクターの指示に従い動いて、喋ります。Tさんはニコニコと応じています。それ以外のものはみています。いつも思います、撮影は大変。まず時間がドンドンドンドンすぎていきます。何度もやり直しをします。その間ほかの者はじっと待っています。 いい加減シビレが切れてきた、と思ったら表を歩いてくれとのこと。Tさんと二人で歩きました。ア~~これだけ?

 2日後の放映日は見られずに、明くる日のお昼にもう一度放送するのをTさんと一緒に見ました。
 Tさん映っているな~。エ、ア、格子の外をブラブラと歩いているのはTさんと私。ハイハイ確かに映っていますが、よほど良くみないと分かりません。ハハ、それでも何か得した気分になりました。 [E:smile]

by 8828668 | 2008-05-20 08:44 | アラキ工務店 | Comments(0)

e0360512_14254378.jpg

 今日はなみはやドームまで遠征だ。観光バスを仕立てて行きます。相変わらず騒がしい。それでも朝が早いので、私はウトウトと、約1時間少々で現地入り。もうすでにたくさんの選手が集合している。「さあ~~、気合入れていくぞ」

 今回の目標、優勝ー2に入賞−2ぐらい取りたい。「皆、どうや」「ちょっと厳しいです」「イヤ、それぐらいの勢いと、気合で臨むのや。やるまえから下を向いたらイカン」

 いよいよ始まりました。あちらこちらで始まるので、見つけるのに忙しい。アレレーーー、優勝狙える子がつまらないミスで負けてしまった。あ、こちらでも微妙な判定で負けにされた。イヤイヤ今のは完全に、ポイント無しの引分けだろうが。それなら体の小さい者に旗を挙げてやれよ、審判!。

 ウ~~ン、今日はもうひとつだな。誰か試合の早い者が、入賞圏内に進んでいくと、後からの者も気合が入り、好成績が続くんだがな。今日はそれが反対になってしまっている。
皆の勢いが止っている感じだ。
 今日はダメだったな。確かにこの大会は近畿圏と北陸地方に岐阜あたりからも来るし、また四国からの参加もあり、ナント一番の遠方は、北海道の阿寒湖の辺りからの参加。ま、これは飛び抜けて遠方ですが。力のある者が集まっているので、勝つのは厳しい大会です。

 ヨシ、次は20日の八幡の試合だ。今度こそ優勝のトロフィーを持って帰るぞ!。気合だーーー。[E:sun]

by 8828668 | 2008-04-14 21:15 | アラキ工務店 | Comments(0)

e0360512_14254345.jpg

 この茶室は庭に独立して建っています。路地もあり待合もあり、室内も本格的な拵えです。ここの隅の柱の足元が傷んでいるので根継ぎ修繕です。これに関連する壁止まりの白竹も取替えです.

 丸太の根継ぎはまず直径が同じようなのを探します。同じような太さでも自然の木ですから多少いびつになっていますし、デコボコもあります。ですから継ぎ目部分の表面の状態とよく似ている所を探して合わせます。
今回は、ナント! 太さも表面の具合もほぼぴったりのものが見つかりました。写真の状態はまだ仮置き程度の状態で、もう少しキチンと合わせればほぼピタリと合います。

 クロちゃん、よく出来ました、パチパチパチと拍手を送ります。これほどピタリと合うとは思っていなかったので、見た瞬間おもわず感動しました。ご苦労さんでした。

 その他にも壁の1部塗替え補修や樋の修繕、地盤のスキ取や室内壁の塗り替え、腰貼りの補修など細かく修繕しました。こんな仕事が続くといいな~~。[E:smile]


by 8828668 | 2008-03-13 08:50 | アラキ工務店 | Comments(0)

e0360512_14254284.jpg

 やっと書く時間が取れました。この前些細な事なんですが、あるコインパークに車を止めて、さて出ようかなと思っていたら、突然バリバリバリと音を立てながら車がバックしてきました。
 見ると、写真の車除け?(黄色いパイプ)に運転席側の横腹をすさまじくコスリながらバックしている車でした。
運転者が気がついて慌てて前進し降りて見ていました。怒ったような苦笑いのような複雑な表情していました。

 このような低い位置にセットしてあるガードパイプはバックするときなど視界からほぼ見えなくなるので、あることがわかっていても、いざバックしだすと途端に頭からとんでしまい、何か不吉な予感がして車を止めて降りて確認してみるとギリギリで接触が免れたという事が何回もありました。

 こんなもんで車をこすったり当たったりすると、なんとも腹が立ち情けなくなり一日気分がふさぎます。
業者の人、お願いだからもっと見やすいガードパイプにして欲しいものです。

 チョット、話が細かすぎたかな。[E:car]
 


by 8828668 | 2008-03-05 08:33 | アラキ工務店 | Comments(0)

見聞録3

e0360512_14254250.jpg

 こうして順番を待つ行列に並んでいます。ナ~~ンニモする事が無いので、行列前後の人々を見ています。「ナアナア、あそこのグループ。声は聞こえないけど口の動きから見るとどうも韓国人かな」とか「うしろの人達はは中国やね」とか「あの子達はずっと物食っているな」など、他人のことを良くも悪くも言い放題です。ここには書けないような事も言っています。ヨシヨシ、もうすぐだ‐‐‐と思ったらこの中がまた並んでいる。まだだな~。

 これだけ並んで、実際はたったの5分ほどか、それでもここでしか見れない乗れないものばかり。また何回でもという気にもなります。日本中の遊園地の中で唯一の勝ち組遊園地ならではの設備と仕様です。ここでの不満はなにしろ歩く距離がかなりある事で、足が疲れる疲れる。これがもう少し楽になればなあ思います。[E:smile]

by 8828668 | 2008-02-06 08:56 | アラキ工務店 | Comments(0)

見聞録その2

e0360512_14254144.jpg

 ええっと、ここはどこだったかな。ソウソウ、インディージョーンズ~~という。ところです。ジープの形をした乗り物に乗って、魔宮の洞窟を探検するという話です。映画の中の1シーンを模しているんですが、ジェットコースターなんですねこれが。かなり激しく揺れますし、急角度で曲がるのでボーと乗っていると鞭打ちになります。
 以前東条湖ランドのループコースターに乗って後ろ向きの状態で宙返りをしたとき、うっかりボーとしていたので、やや鞭打ち状態になりました。直るのに1~2ヶ月かかりました。それ以来こういったものに乗るときには、心して首に力を入れています。今回も同様に力を入れていたので大丈夫でした。

 タワーオブテラーでは、最終的にはフリーホールにて落下の恐怖を味わいます。それもほかのものとは違い、何回も上がったり落ちたりします。そのたびに皆が大声を出します。嫁さんもキャーキャー言います。私もイヤーこれは面白いと叫びます。
 あとで嫁さんが、怖くないのと聞きますが、イヤ面白いと答えます。何で怖くないのかと更に聞きます。アノネ、ホントに落ちた事がある怖さから比べれば全然平気なんよ、といいます。これは本当です。落ちはしたのですが途中の鉄骨にしがみついて事なきを得ました。
 あの時はその瞬間髪の毛が総毛立つ思いと、一瞬にして血の気が引くのが判りました。空中に浮いたまま下を見ると階段の鉄骨があったので、死に物狂いでしがみつきました。明くる日は腕に赤あざが出来るほどの衝撃でしたが、アドレナリンが出てたのでしょうネ、その日は痛くもなんともなかったんですよ。今思っても怖かったですね~。それから思えば絶対安全で落ちるなんて、面白いの一言につきます。これを言うと嫁さんには、フン面白くないと言われます。何で俺が文句言われるの~~悲しい。[E:sad]

by 8828668 | 2008-02-02 19:07 | アラキ工務店 | Comments(0)