冬の壁塗り替え作業 ある温度以下になると、工事は中止ですが

 


e0360512_14270027.jpg
冬期の壁塗り替えはある注意が必要です。塗った後室温が低下して0度を下回ると不具合が発生します。 塗った壁の水分が凍り壁土がボロボロになり全て撤去しなくてはなりません。 空き家なので暖房を入れて帰るわけにいかないので、天気予報を見て、昼間の外気温を肌で感じながら塗る塗らないを決めて作業します。  ウン、今日は大丈夫だ!


by 8828668 | 2016-02-05 10:38 | Comments(0)