柔道

e0360512_14253177.jpg




 昨日、岐阜での大会に久しぶりに出場してきました。

 25年ほど前には何年か連続で決勝進出したり2,3位と2チーム出した事もあったのですが、行かなくなり長く経っていました。

 今回久しぶりに出ることになり、今回の様子で来年は2チーム出す事も考えようかとしています。

 出発は朝の5時です。約3時間かかります。

 8時過ぎに現地到着し、早速着替えて準備運動です。

 この大会は結構強いチームが集まります。東は関東の1部東京や神奈川から東海、中部、北陸そして西は近畿地方から約100チームで補欠も入れると約1000人近い選手がいます、準備運動のスペースを確保するにもひと苦労です。

 遅かったので端っこのほうでやらざるをえません。

 他の選手とぶつからないように間にガードに入っている監督やコーチもたくさんいます。私もそうしました。この大会は小1年から中2年まで各1人で計8人での団体戦のみです。ですからなかなか構成が難しいです。

 強力な選手が3人ほどいて、あとは引き分け狙いで試合をするなら実力差がはっきりあっても何とか引き分けられます。

 そこで、強力な3名で点を取り勝ち上がるチームや、全体的にレベルの高い選手を揃え、どこからでも点が取れ誰でも引分け狙いが出来るようなチームや、あるいは小学生で点を取り中学生は引分け狙いか、はたまたその逆のチームとか様々です。


e0360512_14253154.jpg




 さて、大会が始まりました。ここは全選手が入場行進から始まり、かなりきちんとしています。(他が駄目と言うのではないですヨ)イヨイヨ始まりです。試合の前に服装検査です。これもナカナカ珍しいです、何人も着替えさせられていました。我々の選手はなにもなかったですよ。この1列に並んでいるのがメンバー全員です。先ほどのどのようなチーム構成かというと、強力な何人かがいるチームに近いでしょう。

 この1回戦は快勝しました。

 ア、それとこの大会は体重無関係、男女も無関係ですべてオープンです。

 倍以上体重差のある者でもそのまましますし、男女の区別もないので高学年や中学生になるとパワーの差ははっきりとしてきますが、それでも関係なくやります。アノネどう見ても80キロはある女の子に、40キロあるかないかの男の子が必死に負けまいと食い下がり、結果引分けに持ち込む。また小さな女の子が大きい男の子と闘うのに、パワーでは劣るのでスピードと身のこなしで互角に渡り合い勝ってしまったりと、見ていて体重別や男女別の大会では見られない試合が多くて面白かったですね。やはり柔道というものはこうでしょうというものが見れたと思います。
 サテ、我々のチームも1回戦は快勝しましたが、2回戦は結果的にブロック決勝までいったチームが相手でした。戦績は1勝6敗1引分けです。惜しい内容の負け方もあったのですが、負けは負けです。来年に向けて頑張るぞ~~コノ~。3枚目の写真は右側が我がチームの小4年の女の子、左側は相手方の男の子で一回り近く大きかったな~。相手は女の子で小柄なので勝てると思ったんでしょうが、ナカナカこの子は実力派です。結果は引分け。(試合中の写真は動きが早くてこの1枚のみです。あとは皆ピンボケです、難しいな~)
[PR]
by 8828668 | 2007-01-22 11:13 | 身の回りのこと | Comments(0)