西本願寺御影堂の大改修

e0360512_14252762.jpg


 昨日BSテレビで西本願寺御影堂の、屋根瓦の大改修の番組をやっていました。

 東本願寺は屋根裏にも入り調査の手伝いもしましたし、瓦葺きの見学にも行きましたが、西本願寺はそういえば縁が無かったな。

 ア~、いや何年か前に見学会はあったような気が、エ−−ット、まいいか。

 私のところは門徒(浄土真宗で)西本願寺なんですよ、それなのにいってないとは、親鸞聖人さんも嘆いておられるな。マ、それはおいといて、イヤイヤじっと見ていましたね。この放送1時間のなかに、いったいどれだけの時間をかけて撮ったんだろうと思うほど、たくさんの場面が詰っていました。

 見学は実際の規模や物の大きさなどを実感出来ますが、作業や工程などはほとんど見ることが出来ません、このような映像ならではの出来上がりです。時間と金がかかっているな~と思いました。横では嫁さんが、「え~なにこれ、西本願寺の瓦。あ~そうなの」そんなに簡単に言うのではないの、我が家の総本山ですよ。

 瓦師の葺き方の苦心の話、瓦製造の実際の製造工程(この瓦製造業者は京都の有名業者です)の映像や説明、また瓦釘を古いものを補修して再使用する作業、特殊な瓦の特別な使い方などなど、建築関係者からすれば目が離せない番組でした。

 やっていることは日々我々が行っていることの大規模な作業だなという思いはしました。特別難しいことでも、特殊な事でもなく基本的な考えや技術についてはおなじです。ただ、経験の数の違いかな、とはいえこれがなかなか経験できないんですよね。ここに差がでると感じました。

 へへ偉そうに言いますね私も。
[PR]
by 8828668 | 2006-12-01 10:36 | 建築あれこれ | Comments(0)